福田健二を観にSevillaに行く 5

路面電車の地図を見るとスタジアムの近くまで行きそうだったので、路面電車に乗った。
でも、乗ったら車掌さんにこの電車は一駅しかいかないけどいいか?と言われ、
指差す一駅先は肉眼でもはっきり見えるくらい近く300メートルくらい先だった。
もうチケット買ってしまったし、いいよと答えた。って言うかチケット買う前に言えよと思った。
でも、気のいいスペイン人でつたないスペイン語で話しかけて少し会話をした。
マドリーから日本人のサッカー選手を見に来たんだと言ったらビックリしてた。
マドリーはつまんなくてSevillaの方がいいよって言ったら笑ってた。
そして、スタジアムまで行くバスを教えてくれたので、そのバスに乗ることにした。
バス停でバスを待ってると5人くらいのスペイン人が来た。
ちょっとラリッた変な感じの奴だなと一応心の中で警戒だけはしておいたら、
案の定バス停のプラスチックのボードを叩いたしてきて挑発してきた。
トラブルになりたくないのでバスに乗るのをやめて歩いてスタジアムまで行くことにした。
10時を過ぎると日差しが強くなり、コートも脱いで歩いてた。
予想よりも遠くて、道を間違えたかなと思いバス停にある地図で確認すると道は間違ってなく、
スタジアムはまだ先だった。歩くこと30分くらいしてようやくスタジアムに着いた。

 

294

 

スタジアムは人の手の温かさを感じるくらいに綺麗にペインティングされていたのが印象的だった。
もちろん、レアルのベルナベウみたいな近代的な感じは全くしなかったけど、
いかにもスペイン2部のチームのスタジアムみたいな感じがした。
収容人数も2500人とベルナベウも8万人は遠く及ばない。
チケット売り場が見当たらなかったので、オフィシャルショップで聞くと
オフィスに行けばいいといわれオフィスに行った。
チケットを買いにきたと伝えると、『いつの試合?』と聞かれて、
今日試合ないのかなと思って一瞬戸惑い『ラスパルマスとセビジャアトレチコの試合』と伝えると、
今は販売してないから4時半にまた来いと言われてチケットが買えなかったのは少々残念だったけど、
試合が今日あることは確認できたのでほっとした。
そして、観光するために再びサンタ・クルス街に戻ることにした。
歩いて疲れたので、帰りはバスに乗った。

 

つづく

 

************************************************

川越・ふじみ野で飲食・美容室の開業

をお考えの方はご相談ください。

創業融資から税務申告まで完全サポート致します。

 

角野会計事務所

〒354-0036

埼玉県富士見市ふじみ野東2-6-3

シャン・ド・フルール105

Tel: 048-293-3132

Email: info@kadono-kaikei.com

*************************************************

この記事をシェアしますか? 

Back to top