クラウド会計 freee体験記①-弥生会計オンラインからfreeeへのデータ移行

 freeeを利用するに際して、まずは下記の3つを実施しました。

 

①freeeのアカウントの作成

②freeeの事業所の設定

③弥生会計オンラインからのfreeeへのデータ移行

 

 

①freeeのアカウントの作成

 

今回は、有料プランのライト(1,980円/月)とビジネス(3,980円/月)

のどちらにしようかと決めかねていたので、

とりあえず30日無料のアカウントを作成することとしました。

 

下記の画面の『無料で試してみる』をクリックするとアカウントの作成の開始になります。

 

 freee無料で試してみる

 

 

 

 

  

『無料で試してみる』をクリックして頂くと、下記の画面に移りますので、

事業形態を”合同会社”と選択し、事業所名を”合同会社ソレイユ”と入力し、

その他必要情報を入力して、一番下の『freeeを始める』をクリックします。

 

 

freee無料で試してみる②

 

 

これでアカウントの作成は終わりです。

 

 

 

②freeeの事業所の設定

 

次に、ホーム画面の設定>事業所の設定、から基本設定を行っていきます。

 

 

freee無料で試してみる③

 

 

詳細にはついては、下記のfreeeのヘルプ“事業所の設定を行う”を見てください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

“事業所の設定を行う”

 

ソレイユ様は新規設立のため、

開始残高の登録は必要ありませんでしたが、

弥生会計オンラインで入力して頂いていたデータをfreeeに移行する必要があります。

 

 

③弥生会計オンラインからのfreeeへのデータ移行

freeeもMFクラウド会計も同じですが、

クラウド会計ソフトの良いところは

エクセルとの相性が良いところだと思います。

 

普段から入力する仕訳の数が多い場合は、

エクセルで一旦仕訳を作成して、

アップロードしています。

今回もそれと同じようなやり方でいこうと思いました。

 

そのため、まず弥生会計オンラインから仕訳帳をcsv形式でダウンロードしようとしましたが、仕訳帳がPDF形式でしかダウンロード出来ませんでした。

 

??と思い、弥生会計オンラインのチャットで質問したところ、PDFでしかダウンロードできないとのことでした。無料版を利用しているせいかなと思い、一瞬困りました。

 

でも、事務所にある弥生会計に一旦データを移せばいいと思い、

弥生会計オンラインから弥生会計(クラウドでない)にソレイユ様のデータを移行しました。ここは、同じ会社の製品と言うことで、簡単に出来ました。

 

freeeにデータ移行する前に、

弥生会計で一旦仕訳を確認して科目や仕訳の形式を、今後のことを考えて適宜修正しました。

これで移行する準備がやっと整いました。

 

弥生会計からfreeeへのデータ移行は、

弥生会計からcsv形式で仕訳帳をエクスポートして、freeeに読み込むことになります。

 

これについては、freeeのヘルプに詳しくやり方が書かれているので、

下記を参照してください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

弥生会計から仕訳データを移行する

 

 

上記の手順に沿って、データを移行することが一旦出来ました。

 

移行したデータと弥生会計のデータを比較して、データが正しく移行されていることを確認しました。

 

設定及びデータ移行が終了したので、滝沢様に金融機関及びクレジットカードの登録をして頂くようお願いの連絡を致しました。

 

次回は、滝沢様の記事になります。

 

****************************************************************

川越・ふじみ野で創業をお考えの方はお気軽にご相談ください。
会社設立、創業融資、税務申告まで完全サポート致します。
無料相談でお悩み解決致します。
クラウド会計の利用のお手伝いもしています。
角野会計事務所〒354-0036
埼玉県富士見市ふじみ野東2-6-3
シャン・ド・フルール105
Tel: 048-293-3132
Email: info@kadono-kaikei.com
******************************************************

 

この記事をシェアしますか? 

Back to top