クラウド会計 freee体験記⑥-給与計算ソフトfreeeについて考える。

こんにちは。合同会社ソレイユの滝沢です。

 

さて、本日は「給与計算」について考えてみたいと思います。

 

 

現在は【フリーウェイ給与計算】を使用しておりますが、

【会計freee】と連携している【給与計算freee】を使用するべきか...

思案しております。

 

【フリーウェイ給与計算】と【会計freee】、

名前は似ているのですが、全くの別物なのです。

 

 

%e7%b5%a6%e4%b8%8e%e6%98%8e%e7%b4%b0

 

 

 

料金について

 

 

まず、コストに関してですが、

 

【フリーウェイ給与計算】

従業員5名まで無料です。

6名以上で月額1,980円(税抜き)です。

↓↓↓

フリーウェイ給与計算はこちら

 

 

【給与計算freee】

1ヶ月間は従業員数に関係なく無料ですが、

2ヶ月目からは従業員3名までで月額1,980円、

従業員4名以上の場合1人につき追加で300円(月)かかります。

↓↓↓

給与計算freeeはこちら

 

う~ん。従業員が4名以上の会社の場合、【給与計算freee】の方が費用は高いですね。

 

表にまとめてみました。

 

freee-6-1

 

 

 

メリット・デメリット

 

両者とも大きなデメリットはないようです。

 

どちらも賃金台帳・源泉徴収表など必要な書類

についても自動で作成されますので、

プリントアウトするだけで大丈夫です。

 

ただ、【給与計算freee】には、【会計freee】と連携しているというメリットがあります。

 

【給与計算freee】に入力していれば、【会計freee】に改めて入力しなくて良いのは楽ですよね。

 

手間をかけるか、費用をかけるか、、、というところですね。

 

弊社は今年3月に設立、

7月から放課後等デイサービス・児童発達支援事業の教室

をオープンいたしました。

 

職員も少しずつ増えていき、

来週から職員が合計7人、来月から8人になる予定です。

 

更に職員は増えていくと思います。

 

そう考えると、費用固定の【フリーウェイ給与計算】の方が良いのかもしれません。

 

ですが、今後、【給与計算freee】でも月額費用が固定

となったら検討の余地は大いにあると思います。

 

また、【給与計算freee】では、給与明細をオンライン

で確認することができ、従業員による勤務時間の入力等も可能なので、

PCに疎くない社員が増えれば、そちらの意味でも検討の余地があるかと思います。

 

現在は残念ながら、弊社にはPCに強い職員が少ないので、

このような【給与計算freee】の機能は使う予定がありません。

 

 

来年以降、2教室目、3教室目、、、

とオープンしていく場合には、事務も煩雑になるので、

【会計freee】と連携している【給与計算freee】を使用した方がいいのかなとも思います。

 

今後の状況で検討していきたいと思います。

 

 
クラウド会計導入サポート
http://kadono-kaikei.com/service/about_cloud/
 
**********************************************************

川越・ふじみ野で創業をお考えの方はお気軽にご相談ください。
会社設立、創業融資、税務申告まで完全サポート致します。
無料相談でお悩み解決致します。
  クラウド会計の利用のお手伝いもしています。
  MFクラウド会計、freeeともに対応。
角野会計事務所
〒354-0036埼玉県富士見市ふじみ野東2-6-3
シャン・ド・フルール105
Tel: 048-293-3132
Email: info@kadono-kaikei.com
******************************************************

 

 

この記事をシェアしますか? 

Back to top