クラウド会計 freee体験記⑦-自動で経理

今日はネットバンキングとの同期から

自動で取得した取引について書きたいと思います。

 

freeeにログインすると、『未処理17件』となっています。

 

これは、ソレイユ様が利用されている

〇〇信用金庫の取引データ

をfreeeが自動的に取得して、

登録していない取引が

現時点で17件あると言う意味です。

 

登録の手順

 

freee-7-1

 

 

上記のオレンジ色の『未処理17件』をクリックすると下記の画面に移動します。

 

 

freee-7-2

 

 

未処理の取引が出てきます。

最初の入金取引は、内容は不明のため、後回しにします。

 

 

freee-7-3

 

 

2番目の、決算利息の登録をします。

freeeが取引内容を見て自動的に、登録内容を推測してくれています。

『推測済み』と緑色で表示されているのがそのシルシになります。

 

仕訳で表すと、

(借) 預金 XXXX (貸) 受取利息 XXXX

 

になります。

 

 

下側に仕訳みたいなのが表示されていますが、

預金取引なので、相手勘定だけが表示されていると思ってください。

 

 

右端の『登録』で取引の登録を出来ますが、

その前に、『自動化』のところをチェックしてから、『登録』をクリックします。

 

 

freee-7-4

 

 

チェックするとどうなるかと言うと、上記の説明の通り、

自動化すると、これが登録ルールとして、

記憶されるので、次に同じような取引生じた場合、

freeeが自動的に登録してくれるようになります。

 

 

freee-7-5

 

 

画面右上の上記の箇所から自動登録ルールを確認できます。

 

 

 

freee-7-6

 

 

先ほど処理した決算利息に関するルールが上記の通り登録されました。

 

 

現金引出

 

ATMから預金を引き出した取引を登録します。

 

 

freee-7-7

 

 

freeeが自動的に取得したデータは上記の通りです。

 

 

freee-7-8

 

 

 

勘定科目の箇所にカーソルをあてると、

選択出来る勘定科目が表示されますが、

現金はないですし、手打ちで現金と入力しようと

思っても入力出来ません。

 

この理由は、freeeでは、『現金』も銀行口座と

同じように『口座』として扱われるからです。

そのため、〇〇円を引き出した取引は、

〇〇信用金庫から現金へ資金移動したとして考えます。

 

 

そこで、『口座振替・カード引落し』タブに移動します(クリック)。

 

 

 

freee-7-9

 

 

『振替先口座を選んでください』のところで、『現金』を選択し、

『自動化』にチェックをして、『登録』をクリックします。

これで現金引き出しの取引が登録出来ました。

 

今日の記事には一旦ここまでになります。

 

作業後感想

MFクラウド会計と仕訳の登録方法はほとんど変わらないですが、

現金引出はMFクラウド会計だと口座振替とし扱われず、

普通に仕訳として登録できますが、freeeだと口座振替として扱うので、

ちょっととっつきにくいと思い方はいるかなと思いました。

 

 

 
クラウド会計導入サポート
http://kadono-kaikei.com/service/about_cloud/
 
**********************************************************

川越・ふじみ野で創業をお考えの方はお気軽にご相談ください。
会社設立、創業融資、税務申告まで完全サポート致します。
無料相談でお悩み解決致します。
  クラウド会計の利用のお手伝いもしています。
  MFクラウド会計、freeeともに対応。
角野会計事務所
〒354-0036埼玉県富士見市ふじみ野東2-6-3
シャン・ド・フルール105
Tel: 048-293-3132
Email: info@kadono-kaikei.com
******************************************************

 

この記事をシェアしますか? 

Back to top