クラウド会計 freee体験記⑧-給与仕訳の登録

今回は給与支払の仕訳登録の仕方について書きたいと思います。

 

ソレイユ様では、給与計算は別のソフトをご利用されているため、
そのソフトで作成した給与明細をDrop Boxに保存して頂き、
当事務所で仕訳として入力します。

仕訳の仕方

ソレイユ様では、給与の支払いを月末締めの10日払い、になります。
例えば8月分の給与は9月10日に支払われます。

 
ですので、月末に未払費用として計上し、支給時に未払費用を取崩す、処理にします。

 

仕訳で示すと下記になります。

 

【仕訳】
<月末>
(借) 給与手当 XXX (貸) 未払費用 XXX
<支給時>
(借) 未払費用 XXX (貸) 預金   XXX

 

 

freeeでの自動取得

freeeでは支給時に下記のようにデータが自動取得されます。

 

freee-8-1

 

 

上記の取引を未払費用の取崩しとして処理したいのですが、
「未払費用」はfreeeにはデフォルトで登録されていないので、
まず未払費用を勘定科目として登録をします。

 

 

勘定科目の追加

設定→勘定科目の設定 をクリック

 

freee-8-3-0

 

新しい勘定科目を登録 をクリックします。

 

freee-8-3-1

 

 

科目名 (未払費用)とし、勘定科目カテゴリーを(負債及び純資産>負債>他流動負債)を選択し、
決算書表示名 (未払費用)と記入します。

 

freee-8-3-2

 

ショートカットキーは、勘定科目名を入れると自動で入っています。
一番下にある「登録」をクリックしたらと登録完了です。

 

 

Excelからの仕訳の取込

 

給料の仕分け登録に戻ります。頂いていた給与明細からExcelでアップロード用の仕訳を作ります。

 

freee-8-4

 

 

freeeにインポートする際は、決算→振替伝票をクリック

 

freee-8-3-3

 

 

 

右上にあるインポートをクリックして開きます。

 

freee-8-4-1

 

 

 

こちらよりCSVファイルのアップロードから仕訳データを取り込めます。

 

freee-8-5

 

 

 

作業後感想

 

上記が、freee給与計算を利用しない場合の給与の仕訳登録の方法になります。仕訳の仕方は好き好きですので、月次で未払費用を計上せずに、決算月のみ計上することもありだと思います。その辺は臨機応変に処理してください。

 

freeeは自動で銀行取引を取得してくれるので、かなり楽になるのですが、freeeを導入したからと言って、すべて解決するわけでもなく、まだまだ自動化出来ない部分はありますね。それでも、クラウド会計の方が楽だと思います。

 

 
クラウド会計導入サポート
http://kadono-kaikei.com/service/about_cloud/
 
*********************************************************

川越・ふじみ野で創業をお考えの方はお気軽にご相談ください。
会社設立、創業融資、税務申告まで完全サポート致します。
無料相談でお悩み解決致します。
  クラウド会計の利用のお手伝いもしています。
  MFクラウド会計、freeeともに対応。
角野会計事務所
〒354-0036埼玉県富士見市ふじみ野東2-6-3
シャン・ド・フルール105
Tel: 048-293-3132
Email: info@kadono-kaikei.com
******************************************************

この記事をシェアしますか? 

Back to top