訪問美容の福祉サービスを提供した場合の確定申告はどうするの?

「約2,877,000人から約5,457,000人へ増加」

 

さて、この人数は何を意味しているでしょうか。

 

介護が必要な高齢者の推移なんです。

 

平成13年度から平成24年度の11年間の間で、

約2,580,000人増えています。

 

なんと約1.9倍です。

 

この数字は美容院を経営する上で、とっても重要。

 

介護が必要な高齢者は自由に行動できませんが、

女性ならばおしゃれには興味がありますよね。

 

カットなどをしたいときは客が店舗へ行くだけではなく、

訪問美容のニーズは増えていくことでしょう。

 

それを裏づけるように、川越市では認定した人

に対して美容院へ支払う代金を1回当たり2,000円補助しています。

(和光市では訪問理容と限定されていますが、

訪問美容の受け皿となる美容院がないだけです。

市役所へ問い合わせる価値はあります)

 

%e7%ac%91%e9%a1%94%e3%81%ae%e8%80%81%e4%ba%ba

 

入金がなくても確定申告では所得金額に計上しなければならない

 

この2,000円の補助金を美容院の確定申告でどう取り扱うのでしょうか。

カード払いと同じように、所得税法の独自の計算方法を採用します。

 

皮膚感覚とちょっと違うので注意が必要です。

まずは川越市の出張美容のシステムについて紹介しましょう。

 

①理美容を受けたい高齢者が川越市に申請して、認定を受けます。

②7,000円の代金のうち、補助金2,000円との差額の5,000を

 その場で認定を受けた本人から受け取ります。

③「補助金2,000円×訪問回数」を月末締めで川越市に請求します。

④請求書を出した日から数日後に川越市から美容院へ入金されます。

※出張美容のサービスをするためには、事前に保健所の審査を通過しなければなりません。

 

要するに補助金はサービスを提供した時点ではなく、

カード払いと同じように翌月以降に銀行口座へ振り込まれるのです。

 

この場合、確定申告で収入金額に計上するタイミングは

口座へ振り込まれ日ではありません。

 

サービスを提供した時点で売上高としてカウントします。

まだ入金されていないのに・・・。

 

所得金額の計算はお金の動きではない

 

入金されていないのにサービスして時点で収入金額

に計上することを確定申告では発生主義といいます。

 

実は入金の有無ではなく、

人や物の動きが計算する基準になっているんです。

 

出張美容の補助金に当てはまるなら、

サービスを提供した時点で美容院は川越市

から代金を受け取る権利が発生します。

 

カード払いも同じですね。

川越市やカード会社から入金漏れが考えられますか。

 

「サービス提供=代金を受け取る権利=入金」

という大前提で収入金額を計上するのが

美容院の確定申告の特徴なんですね。

 

入金した時点で売上を実感するのとはちょっと違います。

 

このように所得金額の計算方法は独特です。

人や物の動きが基準であるのは、

売上だけではありません。

 

支払いに関しても発生主義は採用されているのです。

 

★成功に一歩前進するためのマインド

発生主義というルールを知らないと確定申告はできません。

所得金額の計算は人や物の動きで計算します。

 

クラウド会計導入サポート
http://kadono-kaikei.com/service/about_cloud/
*********************************************************

川越・ふじみ野で創業をお考えの方はお気軽にご相談ください。
会社設立、創業融資、税務申告まで完全サポート致します。
無料相談でお悩み解決致します。
  クラウド会計の利用のお手伝いもしています。
  MFクラウド会計、freeeともに対応。
角野会計事務所
〒354-0036埼玉県富士見市ふじみ野東2-6-3
シャン・ド・フルール105
Tel: 048-293-3132
Email: info@kadono-kaikei.com
******************************************************

この記事をシェアしますか? 

Back to top