年末調整で計算ミスすると面倒なことになる!

年末調整で従業員の申告ミスにより還付金額

が少なくなったときの対処法について、

教えて!gooなどのサイトで相談されます。

 

 

たとえば、会社が年末調整の計算を終了した後に、

家事見習いの女性と12月31日までに婚姻届を出したときは、

後から控除対象配偶者控除を受けることが可能です。

所得控除の金額は38万円。この金額は大きいですね。

 

 

上記の従業員のような人のために、

年末調整の還付金額が少なく計算された場合には

救済制度が用意されています。

 

 

%e6%ba%90%e6%b3%89%e5%be%b4%e5%8f%8e%e7%a5%a8

 

 

還付金額を少なく計算した場合の救済する制度とは?

 

年末調整で還付金額を少なく計算された場合

の救済する制度は3段構えになっています。

 

その仕組みについて上記の控除対象配偶者控除を例に説明しましょう。

 

①もう一度年末調整を会社に依頼すること

 

この救済制度を受けるためには、

計算の締め切りである翌年1月31日まで

に年末調整で再計算することができます。

 

自分で還付申告(確定申告)をすること

 

会社で年末調整により還付金額の再計算ができない場合は、

自分で税務署に還付申告をすることができます。

申告期間は翌年1月4日から5年以内の間です。

その期間を過ぎると泣き寝入りするしかありません。

 

 

③更正の請求をすること

 

還付申告をした後で控除対象配偶者のほかに、

医療費控除などが受けられると判明したときは

更正の請求をすることができます。

更正の請求とは還付申告(確定申告)の

計算ミスを救済する制度で、

法律で定められた申告期限から原則5年以内です。

 

救済する制度はそんなに気軽なものじゃない!

 

ところで、それぞれの救済制度は実務上、どのように影響するのでしょうか。

 

①年末調整で再計算すると会社の事務負担が増えます。

 

単にその従業員の還付金額が増えるだけではなく、

源泉所得税を納税する金額まで変わってくるからです。

よって、自分で還付申告をするように促すケースが多くなります。

 

②自分で還付申告するのは大変です。

 

国税庁のホームページで還付申告書を自動作成してくれますが、

会社から受け取った源泉徴収票のうちどの項目を入力すれば

よいのか悩むのではないのでしょうか。

結局、分からなければ有給休暇を取得して、

最寄りの税務署で担当官に聞きながら

還付金額を計算するハメになります。

会社からすれば、還付申告のために半日又は一日分の労働力が不足するのです。

 

③更正の請求は還付申告よりはるかに大変です。

 

まず、独自の書式に訂正前・後の金額を記載します。

そして、還付を受ける根拠も書かなければなりません。

 

このように年末調整で還付金額が少ないと、

気づいたときに本人と会社が大変な思いをするのです。

 

★成功するために一歩前進するためのマインド

結局、年末調整の計算ミスをしないのがベストです。

 

 

クラウド会計導入サポート
http://kadono-kaikei.com/service/about_cloud/

 
*********************************************************

川越・ふじみ野で創業をお考えの方はお気軽にご相談ください。
会社設立、創業融資、税務申告まで完全サポート致します。
無料相談でお悩み解決致します。
  クラウド会計の利用のお手伝いもしています。
  MFクラウド会計、freeeともに対応。
角野会計事務所
〒354-0036埼玉県富士見市ふじみ野東2-6-3
シャン・ド・フルール105
Tel: 048-293-3132
Email: info@kadono-kaikei.com
******************************************************

 

 

この記事をシェアしますか? 

Back to top