経営に役立つ新聞記者のノウハウとは?

あるステーキ屋の話です。

 

個人経営なので社会保険に加入する必要がありません。

 

そんなときに店の中でガス爆発の被害により、オーナーは入院するハメになりました。

その間は無収入です。

 

そこで問題なのは社会保険の制度。

 

オーナーは社会保険に加入できず、雇用保険はもちろん労災保険の対象外です。

 

%e7%97%85%e9%99%a2

 

 

健康保険と国保の違いとは?

このオーナーから得られる教訓は、

社会保険のうち健康保険がいざというときに威力を発揮してくることです。

このステーキ屋の場合は国民年金と国保を支払っていました。

ケガして無収入でも入院費用は生命保険会社から保険料を受け取れても、

国は何も補償してくれません。

 

労災保険の対象外であることはもちろん、

国保もセーフティーネットになりませんでした。

 

でも、これって社会保険に加入している会社形式の役員と比べて不公平じゃない。

健康保険を負担しているので、傷病手当金が給料代わりに支給されるからです。

個人経営の飲食業が社会保険に加入する義務がなくても、

上記ステーキ屋オーナーのように思わぬ落とし穴があるのです。

 

 

こんな生命保険を知っていますか?

ところが健康保険と国保のセーフティーネットの差

を埋める保険商品が開発されています。

 

それはアフラックの「給与サポート保険」です。

 

商品の内容は、ケガや病気で収入が減少した場合にその差を埋め合わせてくれます。

これは個人経営のオーナーにも適用されます。

 

具体的には働けなくなった状態が60日以上に及んで生きていれば、

最初の6回分は保険金を受け取ることができます。

さらにケガや病気が続く場合は7回目から毎月アフラックから支払われます。

 

しかも入院することが絶対的な条件ではありません。

自宅療養でも保険金の対象になります。

 

しかし、同じケガや病気でも支給されないケースがあります。

それは妊娠、精神障害、スポーツ選手のケガなどです。

興味がある方は保険代理店ではなく、

直接アフラックに相談することをオススメします。

 

ところで傷病手当金が国保ではダメで、

健康保険だと支給されることを知っていましたか。

 

また、アフラックの「給与サポート保険」の情報を入手していましたか。

なんでも知っている人は少ないと思います。

情報はつねに更新されるからです。

これはSEO対策でGoogleの基準が変わること、

毎年の税制改正などにも当てはまります。

知識に自信のある人の落とし穴は、

いろいろな更新した情報の入手を取りこぼしする点です。
クラウド会計導入サポート
http://kadono-kaikei.com/service/about_cloud/

★成功に一歩前進するためのマインド

情報はインプットするだけでは限界があります。

新聞記者のように入手ルートをたくさん持ちましょう。

 

**********************************************************

川越・ふじみ野で創業をお考えの方はお気軽にご相談ください。
会社設立、創業融資、税務申告まで完全サポート致します。
無料相談でお悩み解決致します。
  クラウド会計の利用のお手伝いもしています。
  MFクラウド会計、freeeともに対応。
角野会計事務所
〒354-0036埼玉県富士見市ふじみ野東2-6-3
シャン・ド・フルール105
Tel: 048-293-3132
Email: info@kadono-kaikei.com
******************************************************

この記事をシェアしますか? 

Back to top