経営者が知っておくべき小規模企業共済とは?

 

美容室のオーナーで引退後の将来設計を考えている方は

少ないのではないでしょうか。

 

就職先だったサロンで退職金制度が整っていないほうが多いです。

 

富士見市では退職金共済の掛金の一部を負担してくれますが、

あくまでも従業員が対象で、オーナーは蚊帳の外です。

 

スタイリストの仕事は立ち仕事。

今は平気でも将来の予測はつきません。

そんなオーナーの退職金を税制面でバックアップしてくれる制度があります。

 

それが小規模企業共済です。

 

加入の有無は別にして、知っておいて損はありません。

 

%e4%ba%ba%e7%94%9f%e8%a8%ad%e8%a8%88

 

 

掛金と受け取る段階で節税できるのが小規模企業共済

 

そもそも小規模企業共済とは退職金の財源が乏しい

中小零細企業の経営者向けの制度です。

 

加入することで従業員や大企業の経営者

のように引退後の将来設計ができます。

 

小規模企業共済の特徴は節税しながら貯蓄できる点です。

 

具体的には掛金全額が確定申告で所得控除の対象になります。

 

また、1ヶ月の掛金は1,000円~70,000円と500円単位金額を

自由に設定あるいは途中で変更ができます。

 

しかも、受け取る段階でも収入金額が課税されるわけではありません。

課税される前に所得控除されます。

  1. 一括で受け取る場合=退職所得→退職所得控除

 

①加入期間が20年以内

退職所得控除額=40万円×加入期間

 

②加入期間が21年以上

退職所得控除額=800万円+(加入期間―20)×70万円

 

要するに加入期間が20年目までは年間40万円、

21年目以降は年間70万円が所得控除されます。

 

※分割で受け取る場合は公的年金等の雑所得にあたり、

公的年金等控除額が所得控除されます。

 

小規模企業共済は加入するタイミングが大切

 

続いて加入対象者と加入条件を紹介します。

 

1.加入対象者

オーナーと配偶者などの共同経営者です。

経営の意思決定に関与していなかったり、

別の会社に勤務している配偶者は対象外になります。

 

2.加入条件

個人事業主の美容室の場合は“加入時点”に

雇用契約の定めがない従業員を5人以内が条件になります。

 

この“加入時点”というのがポイントになります。

加入後に事業が拡大して加入条件から外れても、加入資格は失いません。

要するに加入するなら美容室の規模の小さいうちがチャンスです。

 

注意点

小規模企業共済には注意点が2つあります。

 

①途中で解約すると収入金額は一時所得の対象になること

退職所得のように退職所得控除が受けられません。

 

②加入期間20年未満で解約すると収入金額が掛金の合計額より少なくなること

途中で解約すると掛金の合計額の80%~120%の収入金額になるために、

100%未満の収入金額になります。

 

★成功に一歩前進するためのマインド

美容室のオーナーなら引退後の将来設計を視野に入れましょう。

小規模企業共済の存在を知るだけもメリットはあります。

 

 

角野会計事務所へのお問合せ←こちらをクリック☆

 

**********************************************************

川越・ふじみ野で創業をお考えの方はお気軽にご相談ください。
会社設立、創業融資、税務申告まで完全サポート致します。
無料相談でお悩み解決致します。
  クラウド会計の利用のお手伝いもしています。
  MFクラウド会計、freeeともに対応。
角野会計事務所
〒354-0036埼玉県富士見市ふじみ野東2-6-3
シャン・ド・フルール105
Tel: 048-293-3132
Email: info@kadono-kaikei.com
******************************************************

 

 

この記事をシェアしますか? 

Back to top