開業するスタイリストに送るお金の話

「開業おめでとうございます!」

 

 

いよいよ自分の美容室を持つのですね。

そこまでの道のりは長かったと思います。

 

「2年間の専門学校」→「国家資格の取得」

→「受付やシャンプー専門などの期間」

→「髪のカット」→「店長(フリーランス)」→「開業」

 

修行期間を思い出してください。

やりがいと苦労が入り混じっていたのではないのでしょか。

 

そんなマジメなあなたに質問です。

 

 

「借金=悪い」

 

 

と感じますか。

そう思ったらちょっと心配です。

 

開業資金が多額だからです。

美容設備だけでなく、

店舗の改装費用、

家賃の保証金(礼金)など必要になります。

 

よって自分の美容室を経営するためには

「借金=よい」

と考えを180度変える必要があります。

 

 

開業したばかりで採算が出るほど甘くない!

 

そもそも180度変える理由は

その肝心なお金を得る3つの方法

を比較するとよりわかりやすいでしょう。

 

店の経営で稼ぐこと

 

採算のことを指します。

 

算式は

「収入-支出」

です。

 

売上代金はすべて手元に残るわけではなく、

家賃の支払いやコンディショナーなどの仕入にお金は出費します。

しかも、開業してから採算が上がるまでには時間が必要です。

少なくても、リピート客になるかどうか見分けるのに時間がかかります。

 

 

個人に出資してもらう

 

借金と違って返済する必要がないお金です。

 

しかし、店の経営に口出しする可能性があります。

せっかくクオリティーを追求しているのに、

「もっと回転率を上げろ!」

横やりが入ったらどう思いますか。

 

 

借金をすること

 

 

特長は2つあります。

 

それは短期間でお金が得られること、

店の経営方法に基本的に口出しされないことです。

 

ただし、親族など個人からの借金は

人間関係を悪化させる可能性があるので注意しましょう。

(*助成金は研修費などの経費の一部

を税金で負担してもらう制度です。

お金を得るためではありません。)

 

 

借金は重荷(おもに)を背負うものじゃない!採算の先取りである!

 

それでも借金に対する抵抗があるのは仕方ありませんね。

どうしても返済がつきまとうからです。

でも、店の経営における借金は採算の

先取りであるととらえることができます。

決して、重荷ではありません。

 

たとえば、ブライダルをメインとした美容院を経営していて、

サービスを広げるために新たにエステを始めるときどうしますか。

当然、初期投資がかかります。

 

それを負担するために採算が

出てお金が貯まるまで待てますか。

借金をしてでもエステを始めたいですよね。

物件など条件がそろっているなら、

他社に遅れをとるわけにはいきません。

 

そう、店の経営は借金で採算を先取りして、

その採算の中から返済していきます。

そして、さらに採算を大きくするという

サイクルが基本的なルールになります。

 

 

 

★成功への一歩前進するためのマインド

借金は採算の先取りであります。

とくに開業したばかりはすぐに採算はとれません。

したがって「借金=よい」というのが正解です。

 

 

*****************************************************
川越・ふじみ野で創業をお考えの方はご相談ください。
創業融資から税務申告まで完全サポート致します。
無料相談でお悩み解決致します。
角野会計事務所〒354-0036
埼玉県富士見市ふじみ野東2-6-3
シャン・ド・フルール105
Tel: 048-293-3132
Email: info@kadono-kaikei.com
******************************************************

この記事をシェアしますか? 

Back to top