会計ソフト抜きで確定申告は語れない

国際色豊かな川越市にはいろいろ国の飲食店があります。

 

韓国料理・インド料理・タイ料理・ブラジル料理です。

その飲食店のオーナーとって、

確定申告の事務作業に時間を回す余裕はなかなかないでしょう。

 

料理の味、接客マナーの向上で頭がいっぱいですだからです。

 

しかし、確定申告をするのは義務です。

税金の計算ミスは許されません。

 

そこで、会計ソフトの存在が気になるのではないでしょうか。

関心の的は正しい税金の計算と事務作業の時間短縮でしょう。

 

pc%e3%81%ae%e5%89%8d%e3%81%ae%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%b3

 

クラウド会計で事務作業の時間短縮ができる

 

今回は飲食店の開業者向けの会計ソフトの使い方

のアウトラインを紹介します。

 

経理担当者を雇う余裕がない方には

クラウド会計がオススメです。

 

会計データをクラウド上で保存して、

インターネットがつながれば場所

を選ばずに会計処理ができます。

 

MFクラウド会計を例にしましょう。

時間短縮の効果は抜群。

 

お客様や事務所での入力作業時間で見てみると、

従来の会計ソフトと比べて5分の1に程度に短縮可能です。

 

その理由は仕訳をできるだけ入力しないためです。

通帳・クレジットカードの自動読み込み

ができるシステムになっています。

 

できるだけ材料・経費の支出を預金現金払いにしなければ、

さらに事務作業の時間短縮が可能になるでしょう。

 

 

会計ソフトの限界、それは確定申告の正確性まで保証できないこと

 

時間短縮によって、確定申告する上での悩みの半分は解決しましたね。

もう半分の悩みは確定申告の正確性です。

 

いくら効率よくなっても、

計算ミスをすれば意味がありません。

ところが、その正確性がちょっと曲者。

 

初期設定では正確な決算書の作成を完璧にフォローできません。

具体例を挙げましょう。

 

①店員に支払う給料の会計処理

たとえ口座で振り込んでも、

データとして読み込むのは実際の支払額です。

しかし、経費に落とす金額は源泉所得税など

を天引きする前の金額。

したがって、人間が手を加えなければならない部分です。

 

②固定資産の減価償却の会計処理

マイカーなどの固定資産について、

正確な会計処理する前には固定資産台帳

に登録する必要があります。

さすがに自動読み込みでは対応できません。

 

③経費を事業割合にあん分する会計処理

初期設定の状態では、会計ソフトが自動的

に事業割合を計算するのは無理があります。

 このようにクラウド会計は時間短縮に威力を発揮します。

しかし、確定申告に必要な会計の独特

な処理までは対応できません。

 

確定申告で税金の計算するためには、

どうしても人間の手を加えることが必要になります。

 

★成功に一歩前進するためのマインド

クラウド会計は初期設定により事務作業の時間短縮

と確定申告の正確性の両方が得られます。

そのために人間の手がどうしても必要です。

この記事をシェアしますか? 

Back to top