あなたの税金負担率は高い!それを軽減する方法は?

小さな飲食店のオーナーが高給取りの大企業の社長より

「税金を多く支払っている」

って想像できますか?

 

でもこれ本当の話。

確かに学校で習った累進課税制度により

大企業の社長のほうが高い税率で計算しています。

ところが税金と同じ性格を持つ社会保険が

絡んでくるとちょっと内容が変わってきます。

 

それは計算方法が特殊だからです。

税金は収入に比例して金額が大きくなりますが、

社会保険は一定ラインを超えると頭打ちになります。

 

したがって、小さな飲食店のオーナーのほうが

大企業の社長より収入に対する負担率が高い意味で、

税金を多く支払っているのです。

 

儲けを分散するのが負担率を下げる基本中の基本

実際にお金のやり取りで苦労するのは飲食店のオーナーです。

大企業の社長ではありません。

 

そこで、負担率を低くするために使われる

手法が会社形式(法人)にすることです。

 

具体的には次のとおりです。

 

1.儲けを会社名義とオーナーの給料に分散することができます。

負担率を低くすることがねらいです。

 

2.個人名義の建物の一部を店に利用することで、

オーナーに家賃を支払って会社の経費に落とせます。

それによって社会保険の負担は増えません。

 

といっても、個人経営の飲食店でも儲け

を分散する方法があります。

それは同じ家計でやりくりする

親族の青色専従者給与です。

 

しかし、経費に落とすためには、

原則6月を超える期間をその飲食店

を専属で働く必要があります。

会社形式より条件が厳しいです。

 

 

役員報酬を経費に落とす条件は厳しい!でも必ずクリアできる!

一方、会社形式でも自由自在に儲けを分散できません。

 

オーナー一族などの給料を税法用語で

役員報酬といいますが、大きく2つの縛りがあります。

 

理由は税金逃れの乱用を防ぐためです。

 

1.役員報酬は毎月同じ金額でなければなりません。

しかも、決めるタイミングは基本的にその年度の開始日から2月以内です。

 

2.役員報酬の場合、勝手なボーナスは会社の経費に落ちません。

基本的にその年度の開始日から3月以内に税務署へ

支払日と金額を事前に報告する必要があります。

しかも実際に支払った内容が報告したものと

少しでも食い違えば、儲けを分散することができません。

 

 

それでも、賢い会社は役員報酬のボーナス制度

を上手に活用しています。

 

具体的には税務署へ報告するときに

支払日を儲けと税金が予測しやすい、

その年度の決算日に設定する方法です。

儲けがなくて支給しない場合にも会社は痛みを伴いません。

 

飲食店のオーナーである以上は

税金の問題とは切っても切り離せません。

だから、タックスプランニングが大切になります。

 

 

★成功に一歩前進するためのマインド

オーナーは税金の負担率を少しでも減らしましょう。

そのためには分散する金額を慎重に検討する必要があります。

 

 

*****************************************************
川越・ふじみ野で創業をお考えの方はご相談ください。
創業融資から税務申告まで完全サポート致します。
無料相談でお悩み解決致します。
角野会計事務所〒354-0036
埼玉県富士見市ふじみ野東2-6-3
シャン・ド・フルール105
Tel: 048-293-3132
Email: info@kadono-kaikei.com
******************************************************

この記事をシェアしますか? 

Back to top