名言集コラム35 「マイケル・ジョーダン氏に学ぶ・俺は何度も何度も失敗した」

※経営者として独立して間もないマモルが、先輩経営者ショウから成功に繋がるアドバイスを受けて成長していく物語です。

 

今回のポイントは、『失敗や挫折が人を成長させる』になります。

 

 

ショウ「おお、マモル、今回は初の無料セミナーの開催、お疲れさんだったな。場所取りに、呼び込みに、橋本さんの研修と大変だっただろう」

 

マモル「ありがとうございます先輩。いやー、やっぱり初めての試みって時間もかかりますし、予想外のことが起こるので難しいですね。でも勇気を持ってチャンレンジして良かったと思っています」

 

ショウ「そうか! じゃあ、無料セミナーに来客してくれた企業の中から、何件かは、個別の相談までこぎ着けたのか?」

 

マモル「いえ、残念ながらそこまで興味を持ってくれた企業はいませんでした」

 

ショウ「そ、そうか…… それは残念だな」

 

マモル「ええ。せっかくのチャンスだったんですが」

 

ショウ「その割に表情があまり曇ってないな? むしろスッキリしたって感じを受けるけど、どうしたんだ?」

 

マモル「成果に繋げることができなかったことに残念がっているのが、僕だけじゃないからです」

 

ショウ「一緒にプレゼンを担当した橋本さんのことか? 今回のプレゼンに向けた研修の効果はなかったか……」

 

マモル「表情はガチガチでしたし、自信のない口調なので説得力にも欠けていました。笑顔もアイコンタクトもなかったですし、逆にそれを意識しちゃって頭が真っ白になって話が止まったりもしていました」

 

ショウ「それはひどいな。よくそんな状態で大事な担当を任せたな」

 

マモル「橋本さんの成長なくして、うちの会社の発展も見込めないですからね。自分の限界を知ってもらうのはとてもいい機会だったと思います。本人も今回のイベントの重要性は理解していましたから、成果を出せなかったことにとても悔しがっているんです」

 

 

ショウ「本気で変わりたいと思うようになった?」

 

マモル「ええ。そのために何が必要なのか、僕や顧問税理士さんに積極的に質問に来るようになりました。これは大きな変化です」

 

ショウ「フランスのモラリストであるラ・ロシュフコー氏は、

 

間違ったことをして、

 

それの苦しむことのできない人間ほど、

 

何度も間違ったことを繰り返す

 

と述べているからな」

 

マモル「橋本さんは苦しんでいます。自分のパフォーマンスを発揮し、会社に貢献したいと本気で願うようになっています」

 

ショウ「何を変えるべきか、何に気づくべきかは、研修の中で取り組んだコーチングのメソッド・人生の輪で明確になっていると思うが」

 

マモル「先輩のおっしゃる通り、人生の輪を作成し、自分自身と本気で向き合ったからこそ、橋本さんは今回の結果にとても大きな問題点を感じることができるようになっています。ただし、本腰を入れて変えるためには、もっと時間と手間をかけていく必要があると思いました」

 

ショウ「企業向けのコーチングを外部委託するのか?」

 

マモル「はい。僕も経営者として育成ばかりに時間をかけているわけにはいきません。今回の無料セミナーのリベンジを進めていきたいですし、他にもやるべきことがたくさんあります。以前、先輩から時は金なりというアドバイスをいただきました。ですから、ここは例えコストがかかっても、専門家にお願いしていくのがベストだと判断したんです」

 

ショウ「本気で変わりたい、成果を出したいと感じているのならコーチングを受ける価値はあるだろうな」

 

マモル「同じことを顧問税理士さんもおっしゃっていました。今なら橋本さんは変われると」

 

 

ショウ「元NBAのプロバスケットボール選手だったマイケル・ジョーダン氏の言葉には、

 

俺は何度も何度も失敗した。

 

打ちのめされた。

 

それが、俺の成功した理由だ

 

というのがある。人にとって、諦めずに改善策を練り、失敗を成功に繋げていくことが最も大切なことなんだろうな」

 

この記事をシェアしますか? 

Back to top