名言集コラム50 「錦織圭氏に学ぶ・徐々に上がっていければいいんじゃないか」

※経営者として独立して間もないマモルが、先輩経営者ショウから成功に繋がるアドバイスを受けて成長していく物語です。

 

今回のポイントは、『成果を出す仕組み』になります。

 

 

ショウ「平成の世の中ももう間もなく終わりだな。これからは新時代の令和だぞ。どうだい? 平成を振り返ってみて」

 

マモル「平成の元号に変わった時は、まさか自分が独立して会社を経営しているとは、夢にも思わなかったですね。ただ、自分を信じてチャレンジしてみて良かったです。まだまだ課題は山積みですが、日々充実していますから」

 

ショウ「最終コーナーを曲がっての、最後の直線の伸びは素晴らしいものがあったよ」

 

 

マモル「あの…… それって、この1年間の僕の変化を褒めていただいているのでしょうか?」

 

ショウ「ああそうだよ。以前のマモルは、自分の手の届く範囲の仕事だけで満足していたからな。他人とのコミュニケーションも避けている傾向があったし、ビジネスの世界を広げるためにお金を費やそうという気持ちもなかっただろ」

 

マモル「先輩のおっしゃる通りです。生活していく分に困らない程度に稼げればいいやと思って、特に目標も持っていなかったですからね」

 

ショウ「それが今や、従業員を雇ってその育成に積極的にかかわったり、外部委託も活用してビジネスチャンスを広げているわけだからなー。人は変わる時には変わるもんだ」

 

マモル「先輩がこうして相談にのってくれたり、アドバイスをくれたおかげです。とても感謝しています。先輩の言葉を聞いていて、自分も少しずつ変わりたいという気持ちが強くなりました。先輩が親身に辛抱強く対応してくれたからこそ、僕は目標やモチベーションを高くしていくことができたんです

 

ショウ「そう言ってくれるのは嬉しい限りだが、俺もマモルの成長ぶりを見るのが楽しみでな。お節介が過ぎるとは思いつつも、どうしても気になってしまうんだよ」

 

マモル「そういった相手に興味や関心を持つことが、とても強い影響力を持つのだということを知りました。だからこそ、僕も従業員にはそう接しています。顧客に対してもそうですし、アウトソーサーに対しても同じです。信頼関係を構築するための土台になり、成果を出すためには大切なことだと思います」

 

 

ショウ「俺のお節介も無駄じゃなかったということか。マモルの話を聞いて、ちょっとホッとしたよ。経営者には自分のやり方にこだわって、アドバイスされることを嫌悪する人もいるからな」

 

マモル「先輩のアドバイスは、問題は何なのか、どうすれば解決できるのかを、自分で考える機会をくれました。だからこそ効果が大きいんです。僕もそうありたいと思って、モデリングさせてもらっています。ただ、先輩に褒めていただくほど成長できたのかどうか……」

 

ショウ「自信がないのか?」

 

マモル「まだはっきりと成果を出すところまでは至っていないですからね。ただその道筋は見えていますし、着実に前進できている実感はあります。もちろん焦る気持ちもあるんですが」

 

ショウ「いや、確実にマモルは成長しているし、マモルの会社も力をつけている。プロテニスプレーヤーの錦織圭選手がこう言っていたのを思い出したよ。

 

少しずつ目標を高いところにおいて、

 

徐々に上がっていければいいんじゃないかと思っています

 

とね。そうやって地道に成長していく人や会社が、最終的には大きな成果を出すんだ。錦織圭選手がそれを証明しているからな」

 

マモル「ありがとうございます。令和の時代になっても、今の気持ちを大切にしていきます」

 

ショウ「俺ものんびりしてるとマモルに抜かれちまうからな。互いに切磋琢磨して、新しい時代も頑張っていこう!!」

 

この記事をシェアしますか? 

Back to top