名言集コラム91 「武田晴信氏(武田信玄)に学ぶ・為せば成る」

※経営者として独立して間もないマモルが、先輩経営者ショウから成功に繋がるアドバイスを受けて成長していく物語です。

 

今回のポイント
 思いと行動 

 

 

ショウ「新卒者の採用で別な方法だって? それはつまり、マモルの代わりに従業員の杉山くんに説明会や面接をお願いするっていうことか」

 

マモル「それも考えましたが、杉山も現状抱えているタスクで目一杯です。とても人事関係に関わっている時間はありません。仮に無理矢理お願いしても精度の高い対応はできないでしょうし、成果は期待できないでしょう」

 

ショウ「だろうな。杉山くんは人事について経験もない。マモルの希望を満たすような人材を見つけられるとも思えんな。採用したはいいがミスマッチでは負担が増す一方で、人件費の無駄になるだろう」

 

マモル「ですから、採用も外部委託にしようと考えました。RPO(Recruitment Process Outsourcing)、採用代行サービスです」

 

 

ショウ「そういったアウトソーシングも増えているとは聞いたが、俺の会社では実際に利用したことはない。会社の将来を決めるような大切な人事を、外部に委託して本当に大丈夫なのか?」

 

マモル「もちろん他のアウトソーシングと同じように担当者としっかり話をし、こちらの意図を充分に汲んでもらったうえです。ぶん投げすることはありません。二次審査や最終審査には関わっていきます。人事に精通しているので他では見過ごすような人材も見つけてくれるはずです。応募者データの管理だけでもたいへんですが、RPOを利用すれば管理用のツールも利用できるので時間をかけずに情報を整理できます。そうすれば僕も杉山も事務の木梨さんも今やるべきタスクに集中できるんです」

 

ショウ「なるほど。委託するコストに見合った成果は見込めているということか。マモルの会社で成果があるようだったら、俺の会社でもお願いしてみようかな。無駄な時間やコストをかけずに必要な人材を確保できそうだ。よく考えたもんだな」

 

マモル「まあ、顧問税理士さんのアイディアなんですが……」

 

ショウ「で、RPOにはどんな人材を見つけてほしいとお願いするんだ? 熱意がある若者っていったってたくさんいるだろう。英語が上手とか、ファイナンシャルプランニング技能士2級以上とか、公認心理士の資格があるとか、そういった具体的な要望もするのか?」

 

マモル「そういった特技や資格があると助かりますね。でも必要最低条件ではないです。実務経験を積みながらでも資格は取れますし。それよりもやはり、何をしたいのか、何を目指しているのか、そのためにどんな行動を起こしているのかといった点が重要です。以前、先輩が信玄公の話をしてくれたことがあったじゃないですか」

 

ショウ「武田晴信氏か。人は城、人は石垣、人は堀と言うだけに、人材の発掘や育成にはかなり力を注いでいたようだからな。真田丸で有名な真田信繁の祖父の真田幸綱だって、そういった中で芽を出して活躍した人物だよ」

 

 

マモル「その信玄公が、思いを実現するために必要なことを話されていたじゃないですか」

 

ショウ「ああ。

 

為せば成る。

 

為さねば成らぬ。

 

成る業を、

 

成らぬと捨てつる人の儚さ

 

のことか。思いがなければ実現できないし、思いがあっても行動に移さないとやはり実現はできない。そこまでできないのが人の弱さだと指摘した話だな」

 

マモル「そこで諦めずに行動できる人を見つけたいんです。それをRPOに一番に要求していこうと考えています。スキルや資格は二の次ですね。まずは思いと行動です」

 

ショウ「はたしてそういった若者が本当にアウトソーシングで見つかるのか、俺も楽しみに見守るとするよ」

 

 

この記事をシェアしますか? 

Back to top