名言集コラム83 「長谷川和廣氏に学ぶ・組織はリーダーの力量以上には伸びない」

※経営者として独立して間もないマモルが、先輩経営者ショウから成功に繋がるアドバイスを受けて成長していく物語です。

 

今回のポイント
 リーダーの向上心 

 

 

ショウ「それで、あの話はどうなったんだ?」

 

マモル「あの話…… 杉山と木梨さんの新婚旅行の日程ですか?」

 

ショウ「それはずいぶん前に聞いたよ。そうじゃなくて、橋本さんが独立するっていう話さ。どう対応するかマモルも悩んでいただろう」

 

マモル「最大限、橋本さんの意志を尊重することにしました。起業するのであれば、僕の知りうるノウハウはすべて伝えようと思っています」

 

ショウ「それでいいのか? 上田と望月もレンタル移籍の期間が終われば、従業員の数も2人。しかも木梨さんは事務員だから、実質営業できるのは杉山くんだけになる。これまでの仕事量をこなせるとは思えないが。仕事が遅くなって、しかも質も低下すれば見限るクライアントも増えてくるぞ。会社にとっては危急存亡の秋なんじゃないのか?」

 

マモル「その点の心配は尽きませんよ。おかげで最近は寝不足気味です。人間、夜に考え事をするとダメですね。どうしてもネガティブなことばかり考えてしまうんです」

 

ショウ「なんだ、本当に弱気になっているのか。だったら上田と望月のレンタル期間を延長するか? なんだったらそのままマモルの会社の正式な従業員にしてもらっても構わないぞ」

 

マモル「お心遣い感謝します。しかし、上田さんも望月さんも先輩の会社に戻ってこんな仕事をしたい、あんな関わり方を周囲にしていきたいと戻るのを楽しみにしてます。杉山たちの新婚旅行の日程も決まって、もう戻る準備を進めているところなんですよ。ですからもう留まることを要求できません」

 

ショウ「そうなると規模縮小となってしまうな。これまでも営業以外の業務は外注してどうにかなっていたが、さすがにコンサルタント業務自体を外注とはいかないだろう? 杉山くんもかなり成長してきているがまだまだ経験も浅い。マモルがあれもこれもやらなければならない状態に戻るんじゃないのか?」

 

 

マモル「もちろん杉山にはまだ伸びしろがありますから、頑張ってさらに成長して実績を上げてもらいます。ただ、コンサルタント業務面では、当面は外注でしのぐことになりそうです」

 

ショウ「そんなことが可能なのか? マモルの会社のコンセプトややり方に精通していないといけないだろう。アウトソーサーにそこまで要求できるのか?」

 

マモル「橋本さんであれば可能です。会社の内情に詳しいですし、取り決めさえすればほとんどがスムーズに進みます」

 

ショウ「確かにそうかもしれんが…… しかし、相手はマモルの会社を退社して起業しているんだぞ。そもそも橋本さんはこの地域で会社を立ち上げるのか? だったら完全に競合ってことになるな」

 

マモル「そこは今、橋本さんとも相談中です。後は、杉山の後輩が入社希望なので、そこにも期待はしています」

 

ショウ「ほう。そんな話もあるのなら少しは安心だ。で、実績はどれくらいの人物なんだ?」

 

マモル「実績はゼロです。経験もありません。まだ学生なので」

 

ショウ「新入社員というわけか。それは育成に時間がかかるなー。当分は戦力として見込めないぞ。下手すると余計に仕事が増えて大変になる。大丈夫か?」

 

マモル「正式な入社前からバイトで勤務してもらいます。少しでも早く戦力になってほしいので。ただ、以前に先輩に教えていただいた組織はリーダーの力量以上には伸びないとう点を忘れず、自分自身も鍛えますよ

 

 

ショウ「ああ。コンサルタントの長谷川和廣氏の

 

組織はリーダーの力量以上には伸びない。

 

業績を上げたいのなら、

 

部下の尻を叩く前に、自分が伸びろ

 

という話だな」

 

この記事をシェアしますか? 

Back to top